Design

アポロアーキテクツ&アソシエイツ、カバーハウスのメタルファサードの裏に中庭を隠

東京の近くにあるこの鉄骨で覆われた日本の家からは、巨大な隙間で穴があけられた窓のない壁が突き出ていて、秘密の「外部の居間」ができています。

カバーハウスの印象的なフォルムは、府中市の住宅密集地に位置し、アポロアーキテクツ&アソシエイツによって設計され、居住者のプライバシーを確保しながら、インテリアに十分な明るさを確保します。

アポロアーキテクツ&アソシエイツは、「屋根と外壁は、灰色の金属製のガルバリウムで構成されています。

「屋根の大きな開口部は豊富な自然光をもたらし、コンパクトな空間をより広大に感じさせる。」

庭のスペースが足りないため、Apollo Architects&Associatesは突き出した壁の隙間を専用の中庭に変えました。

1階の床から天井までのガラス扉を通ってアクセスできる中庭には、大きな屋外ソファーがあります。

「レイアウトはプライバシーと平和な雰囲気を保証します。通りが壁の向こう側にあるとは信じ難いです」と建築家は言いました。

Cover Houseのインテリアは、アポロアーキテクツ&アソシエイツによって「家族や友人が下の「レストラン」で食事を楽しんだ後に2階でリラックスできる旅館」のようにデザインされています。