Design

屋内と屋外の連動レベルは、日本の家を自然に近づける

この日本の湖畔の家のために、東京を拠点とするスタジオ、菅原大輔は5つの連動レベルを使用して、敷地内外の複数の視聴プラットフォームを作成しました。

伝統的な2階建ての建物ではなく、建築家はコテージのためにマルチレベルのレイアウトを設計しました。

野尻湖ネイチャープラットフォームと呼ばれるこの家は、日本の長野県の木曽山地ののりじ湖のほとりにあります。

5つのプラットフォームはそれぞれ異なるサイズの異なる素材で作られ、異なる高さに設定されています。 床はベンチ、棚、さらにはベッドとしても使用できます。

一階には家の大きな1階が頭上に張り出した屋根付きの屋外スペースがあります。

地上階での最初のプラットフォームは、薪の保管やウィンターガーデンとして使用できる半屋内スペースです。

スライド式のガラス扉は2番目のプラットフォームに面しています。このプラットフォームは、上層階の天蓋の下に位置する隆起した木材パティオの形をしています。 木枠のポーチからスイングがぶら下がり、その下に薪を収納できます。

菅原大輔の家の3番目の階は完全に室内で、建物の全幅に渡っています。