さまざまな種類のキッチンカウンター。あなたに合ったキッチンカウンターテーブルの選び方。

料理好きの女性にとってこだわりの一つにキッチンがあると思います。 その中でメインとして大事なのがキッチンカウンターテーブルです。 キッチンカウンターテーブルの種類は沢山ありますが、作業効率やおしゃれ感UPなデザイナーズ系など様々です。 今回はそんなキッチンカウンタテーブルを好みに合わせ選ぶヒントを考えていきたいと思います。 キッチンカウンターテーブルと言ってもこだわればキッチン内部に使用する金物もドイツやオーストリア製を使用したり、天板は 人工大理石、タイルトップ、ステンレストップ等様々なものがあります。もちろん金額も様々、形も様々です。 大事なのは家のキッチンスペースの広さに合わせた大きさを選ぶこと、またキッチンカウンターテーブルの高さも大事です。低すぎるテーブルは作業効率も悪く、さらに腰も痛くなったりしてしまいます。 またキッチンスペースの大きさや形などによってキッチンカウンターのレイアウトも考える必要があります。 Ⅰ型は昔からよくあるスタイルのレイアウトです。一般家庭ではこのタイプがほとんどだとおもいます。  Ⅱ型は対面でシンクスペースが分かれたタイプとなっています。作業効率が飛躍的に良くなりスペースも生まれる為おすすめのレイアウトの一つでもあります。 L型キッチンは1型キッチンが角度が変わって横に行ったようなイメージです。 長くなった分スペースが生まれるし部屋の構造を最大限に生かしたレイアウトだと思います。 ペニンシュラは最近の賃貸住宅でも取り入れているところが多くなってきたタイプでオープンキッチンと呼ばれるリビングに隣接した設計のキッチンによくみられる形となりました。 リビングにいる家族に背を向けずに料理が出来るスタイルが人気となってます。 また作った物をそのまま食べてる時もペニンシュラタイプの場合はテレビも見れるし便利なタイプです。 U型タイプは欧米でよくみられるレイアウトです。 料理好きな人だったらこんなタイプのキッチンにあこがれる人も多いと思います。 アイランド型は名前の通り独立したキッチンテーブルがある感じです。 好みは分かれますがあと付けタイプのキッチンでは応用しやすいレイアウトなのでおすすめです。 レイアウトが決まったら水道の蛇口の種類、収納扉の材質や形、取っ手の形等こだわれば自分の好きなように作ることができます。 皆さんも自分に合ったキッチンカウンターを是非見つけてみてください!! ライブカジノハウスでプレイ

Read More